産業薬剤師は健康に働けるように従業員に保健の指

投稿日 2017年01月05日
カテゴリー 日記

産業薬剤師は健康に働けるように従業員に保健の指導などをしたり、うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)防止のメンタルケアも行ないます。産業薬剤師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワーク等で見つけるのは無理かも知れません。
興味のある方は薬剤師専用の転職サイトをチェックしてみてください。

そういうサイトなら、産業薬剤師の募集も数多く載っています。全国において、薬剤師の年収は平均して437万円ほどです。

しかし、国立や私立や県立等の公立病院ではたらく薬剤師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員薬剤師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生(企業によっても違いますから、就職前によく調べた方がいいかもしれません)も充実しているのです。
準薬剤師の場合、薬剤師より、平均年収が70万円ほど低いです。

よく聴く話として、薬剤スタッフが違うシゴト場をもとめるわけとしては、キャリア開発としておくのが賢明です。前職のことを引き合いに出して、例えばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、賃金や労働時間などが実際のシゴトに見合わなかったとかの、負の動機であった場合、不本意な評価をされかねません。
たとえ本音がそうだとしても律儀に知らせなくても問題はないため、未来志向であることを印象付ける志望理由を表明してください。

薬剤師が転職をするには、未来のことを考え、早めに行動を起こすことが大切です。

そして、どんな条件を重要視するのかを決めておく方がいいでしょう。

将来どうなりたいかをきっちりと考え、その願望に沿った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。

薬剤師の勤務状態は、異業種と比較して結構特殊であり、その上に職場により変わってきます。
体制は一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれていることが多いです。

2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制がいいと思う薬剤師も少なくありません。

現代は高齢化が進んで、福祉施設でも薬剤師の必要性は広がってきているのです。

それに、大手の会社になると薬剤師は医務室にもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアをとり行っています。
こういったケースは、社員としてその会社に入社することもあるようです。高校進学時点で衛生薬剤科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、薬剤師の資格を得るのが、一番早いでしょう。

ただし、途中で薬剤師以外の職業に就きたくなっても変えることは難しいです。

さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。

薬剤職員の方がシゴト場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。

たしかに、専門職である薬剤師が不足し困っている職場は多いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。

緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、就職情報が活気付いてくるまで控えるのがよいでしょう。薬剤師であっても転職している回数が少なくないと悪いイメージに繋がるかというと、確実にそうであるとは限りません。

自己アピールをうまくおこなえば、意欲的で経験を持っているというイメージをつけることもできますね。しかし、勤務の期間がほんの少しであると、どうせすぐに辞めてしまうと思われることもありえるでしょう。

薬剤師になるための国家試験は、1年に1回あります。
薬剤師の人数の不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の薬剤師資格試験に合格する確率は90%前後と結構高い水準を保ち続けています。

薬剤師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。

コメント